月別アーカイブ: 2015年1月

データ取得API提供、iOS Swift/App Extensionサポート開始

2015年初めてのリリースは、ご要望をいただいておりました機能の提供となります。

■ データ取得API提供の開始

SmartBeatで収集されたエラーのデータを、API経由で取得できるようになりました。コンソール上からのCSV出力機能と合わせて、ご利用ください。

■ iOS Swiftサポート

Swiftで実装されたiOSアプリのスタックトレースをご確認いただけるようになりました。 通常のObjectice-Cのアプリ同様にzipで圧縮したdSymファイルをアップロードすることで、スタックトレースがSwiftコードへシンボル変換されます。

■ iOS App Extensionサポート

iOS SDK Version 1.14をご利用いただくことで、iOS App ExtensionでもSmartBeatをご利用いただけます。詳しくiOS SDKの導入マニュアル をご確認ください。

 

今後ともお客様のご要望にお応えできるよう、サービスの提供を行ってまいります。引き続きよろしくお願い致します!