投稿者「SmartBeat」のアーカイブ

【SmartBeat導入事例】株式会社スクウェア・エニックス

今回は、SmartBeatの導入事例として、実際に利用されている株式会社スクウェア・エニックスの鈴木様にお話を伺いました。

鈴木様が担当なさっている役割について教えてください。

テクニカル・ディレクター(以下TD)として複数のプロジェクトの技術サポートを担当しています。クライアントアプリ開発を主に支援しており、SmartBeatに関しては、アプリの開発の効率化(主にデバッグ効率の向上)や運営時で不具合が発生した際の調査期間の短縮化を実現するため各部署と連携しながら、プロジェクトに導入を勧めています。

株式会社スクウェア・エニックス 鈴木様

SmartBeatを導入した経緯と理由をお聞かせいただけますでしょうか。

  • 再現性の低いCrashが発生したときに何が原因で不具合が発生したのかがわからない。
  • 再現性の低いCrashを修正したと開発チームから報告があった際、本当にそれが修正されているのかがわからない。
  • 不具合の全容が把握できない(どのような不具合が、どのような件数発生しているか把握できない)
    という3つの課題を解決できる方法がないか模索していた時、SmartBeatに出会い「コレだ!」と導入に向けて動き出しました。

現在は社内の各部署と連携しながら、品質チェック開始前までにプロジェクトに導入案内を行っています。他にもCrashReportツールの選択肢は存在しますが、社内での導入数的にも実績あるSmartBeatが選ばれることがほとんどです。

どのような役割の方がSmartBeatをよく使いますか?

主にプロジェクトに参加しているエンジニアです。
彼らには、常にコンソールを確認してもらうようにお願いしています。また品質を確認する意味で、TDやQAも不定期に確認するようにしています。私の場合は、アプリケーション一覧画面をおよそ週に1度の頻度で確認しクラッシュ率やエラー件数が非常に多いアプリについてはエラー内容を確認した上で、プロジェクト担当者に確認を行っています。場合によってはエラー原因を調査の上、具体的な修正方針をプロジェクトに伝える場合もあります。

SmartBeatを導入してみて良かったことを教えてください。

今まさに発生している不具合を全員が共有できるのは何よりの利点です。何を優先して修正すべきなのか、どこを修正すべきなのかが明確になるため、OSSやミドルウェアなど他社が提供しているライブラリに不具合があった場合などには開発者に連絡するなど、とるべきアクションが明確化できます。
もう少し具体的に言うと

  • Crashした際にStackTraceが記録されるため、プログラムのどこでCrashしたのかが詳細に把握できた。
  • 「どのような不具合」が「どれだけの件数発生しているのか」を把握できた点。
    ※上記により、不具合をどのような優先順位で修正するかを判断することができた。
  • Androidでは機種/OS依存の不具合が多かったため「どの機種」「どのOS」の不具合でCrashしたのかは非常に有益な情報となった。
    といった点などは導入してよかったことの一部です。

現在のSmartBeatに感じている改善点や、今後のSmartBeatに期待する事を教えてください。

不満は今のところ特にこれといってありません。
今後に期待する事としては、ユーザ環境下のメモリ推移やフレームレート低下をグラフィカルに把握できればよいと思います。
また通信レイテンシや通信エラー率なども集計し、ヒートマップで把握できると特定エリアのインフラで問題が発生しているなどを把握できるかもしれませんね。我々のニーズを理解し、新規機能の追加や機能改善を前向きに取り組んでくれる点は魅力だと感じていますので、今後のSmartBeatのアップデートに期待しています。

この度は、誠にありがとうございました。

『アプリ開発のいろは』開催報告

5月24日(水)、『アプリ開発のいろは -企画からマーケティング、グローハスハック、品質管理に至るまで-』というイベントをAppAnnie、AppsFlyer、Reproといった企業の方々と共に開催し、100名を超える参加者にお集まり頂きました。

『アプリ開発のいろは』というテーマで、これから本格的にアプリを企画・制作・運営する方々向けに講演を行い、アプリビジネスに関わるノウハウを各分野の専門家の方々に講演をして頂きました。

FROSK株式会社からは代表取締役社長の中尾が『クラッシュがアプリを殺す ~アプリ運用における品質管理~』というテーマで、アプリの品質がいかにアプリの成否にかかっているかを、最新のデータ(端末シェア、OSシェア等)や事例とともにお話をさせて頂きました。
※もし事情があってご参加できなかった方で、上記イベントの内容を知りたい方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡ください。

イベント終了後の懇親会では多くの方々が参加し、講演者にご質問する方々が多く見受けられ、活発な議論が繰り広げられておりました。
ご参加頂いた皆様、お忙しい中ご来場頂き、誠にありがとうございました。

FROSK株式会社では、今後さらにテーマを進化させながら、皆様にとって有益な情報を提供するイベントを開催してまいります。

『CS HACK』開催報告

5月16日(火)、『CS HACK #03 “シェアリング・エコノミーのCSをHACKする!“』というイベントを、カスタマーサポートエバンジェリストの藤本様と共に開催し、約120名のCS関係者の皆様にお集まり頂きました。

当日はメルカリ・スペースマーケット・Azit・一休・キッチハイクといった企業のCS担当者の方々にご登壇頂き、シェアリング・エコノミーのカスタマーサポートをテーマに様々な講演をして頂きました。

FROSK株式会社からはマーケティングマネージャーの吉井が『レビューを炎上させないカスタマーサポート 〜アプリ品質の観点からCSを考える〜』というテーマで、アプリの不具合に関する問い合わせに対して適切に対応する方法について、データや事例とともにお話をさせて頂きました。
※もし事情があってご参加できなかった方で、上記セミナーの内容を知りたい方がいらっしゃいましたらこちらまでご連絡ください。

イベント終了後の懇親会には多くの方々が参加し、講演やパネルディスカッションの内容に関してさらに深く話すだけでなく、イベント参加者同士での交流も深まりました。
また、キッチハイクCOOKの、がじゅま〜るさんに料理をご提供頂きました。


ご参加頂いた皆様、お忙しい中ご来場頂き、誠にありがとうございました。

FROSK株式会社では、今後さらにテーマを進化させながら、皆様にとって有益な情報を提供するイベントを開催してまいります。

SmartBeat Report 2017 vol1

このレポートはスマートフォンアプリ向けクラッシュ解析ツール「SmartBeat」 を運営する FROSK 株式会社が、日本国内におけるスマートフォンに関して、 1,400 アプリ以上、約 1.4 億 MAU 以上という膨大なデータを分析した結果を発表致します。スマートフォンアプリの運営に役立つ情報となっておりますので、ぜひご活用ください。

今回は vol1 としまして以下の内容を掲載しております。
・スマートフォン 端末シェア(2016 年 12 月)
・スマートフォン 端末シェア推移(2016 年 10 月〜12 月)
・スマートフォン OS バージョン別シェア(2016 年 12 月)
・スマートフォン OS バージョン別シェア推移(2016 年 10 月〜12 月)

■日本国内Android端末 シェア

Android Device UU Share

続きの資料は、こちらよりダウンロードしてください。

【SmartBeat導入事例】株式会社セガ・インタラクティブ

今回は、SmartBeatの導入事例として、実際に利用されている株式会社セガ・インタラクティブの山浦様にお話を伺ってまいりました。

山浦様が担当なさっている役割について教えてください。

セガ・インタラクティブのモバイル・インタラクティブ研究開発部という部署のソフト開発セクションのマネージャー兼、チェインクロニクル開発ディレクターを担当しております。チェインクロニクルに関しては立ち上げからメインプログラマとして関わってきました。

IMG_0063
株式会社セガ・インタラクティブ 山浦様

SmartBeatを導入した経緯と理由をお聞かせいただけますでしょうか。

2016年7月のセミナーではじめてSmartBeatの存在を知りました。
ちょうどその翌月ぐらいに、弊部で新規タイトルのリリースが予定されていたので、市場投入後にどういったトラブルが起きるかをいち早く把握するために、SmartBeatを導入して対処しようと考え、検討を開始しました。

その際、新規タイトルで採用する前に実績のあるタイトルから導入しようということになり、まずチェインクロニクルに導入しました。

チェインクロニクルに関してはリリース後3年以上経過しており、市場のトラブルは大体わかっていたつもりでしたが、トライアルで利用してみて、開発サイドでは把握出来ていなかった不具合が発見されました。この結果を踏まえて、これは便利だな、ということがわかったので、弊社の他のタイトルにも導入を進めている状況です。

どのような役割の方がSmartBeatをよく使いますか?

主に見ているのは現場のエンジニアになりますが、私の方でも時折チェックして、対応すべきクラッシュが発生しているのを発見したら、その都度現場に伝えています。

また、開発チーム内ではSmartBeatで発見された不具合をチャットツールを用いて共有するような流れも作っているんですが、ダッシュボードで閲覧できるスクリーンショットを貼って問題解決の効率化を行なっています。

SmartBeatを導入した直後の感想はいかがでしたか?

元々のアプリの不具合に関する認識が違っていたというのが大きいですね。
スマートフォンのゲームでは何十万というユーザーがいる中、色々な環境で起きている実態を知らなかったというのが一番の発見です。

自分たちとしては、しっかりとデバッグを行ってリリースしているつもりでしたが、軽微なものも含めてこんなにクラッシュが発生しているんだというのがわかって、それが衝撃でした。

SmartBeatを導入してみて良かったことを教えてください。

バグ修正に割く工数が減りました。デバッグ会社の方とやりとりをするときにデバッグ会社の方からレポートがRedmineであがってくるのですが、報告の時間をみて、SmartBeatのログを参照する事で従来よりスムーズに修正ができています。

もちろんデバッガーさんのレポートはとても詳細で、具体的にどういう条件で発生しますよ、という報告をいただけているのですが、その際に内部的にどうなっているかを追い掛ける時にはSmartBeatのコンソールを活用することで今まで得られなかった情報が正確にわかるので助かっています。

その他で、品質改善や不具合の修正に変化はありましたか?

SmartBeatを導入する前は、プレイ感から動作が重いですとか、プレイヤーさんのSNSの投稿などからバグがありそうだというの把握して、その原因をしらみつぶしに見つけては修正するというのを繰り返していました。

SmartBeatを導入してからはそれぞれの不具合に対して、件数がわかるようになったので、影響度をみて、これだけの人の手元で発生しているのならすぐに修正が必要だ、という事が分かるようになりました。

アプリのバージョンアップでは、新規機能の開発はもちろん行いますが、SmartBeatで得られた情報をもとに、さらなる品質向上のために不具合修正も多く行うようになりました。

IMG_0067

右:株式会社セガ・インタラクティブ 山浦様
左:株式会社セガゲームス 笹沼様

この度は、誠にありがとうございました。

 

全体統計画面リリースのお知らせ

この度、全体統計画面のリリースを実施しましたので、お知らせ致します。

  • 全体統計画面
    自社のアプリの横断的な統計情報をご覧頂ける全体統計画面をリリース致しました。左上のグラフアイコンをクリックして頂くことでご利用頂けます。アカウントが閲覧者として設定されているアプリをご覧頂けます。表示情報は、アプリ別、OSバージョン別、デバイス別の、累計DAUおよび累積クラッシュ数のランキングとなっております。右上のフィルタより対象期間の設定、エラー種別を変更することが可能です。

SmartBeat開発チームでは、皆様のアプリの品質改善に貢献できるよう、引き続き機能追加、改善を実施してまいります。
今後とも、SmartBeatをよろしくお願い致します!

分析画面リニューアルのお知らせ

この度、分析画面のリニューアルを実施しましたので、お知らせ致します。
リニューアルの内容は以下の通りとなっております。

  • SBスコアの廃止

    コンソール上へのSBスコアの表示を停止致しました。移行期間として、本日より約1ヶ月間は、SBスコア取得用のサーバAPIの提供を継続いたします。ただし、9月下旬以降はサーバAPI経由でのSBスコアの提供も終了する予定となっておりますので、ご了承ください。

  • 新指標(クラッシュ率)のご提供

    上記のとおりコンソール上からのSBスコア表示の停止と同時に、新指標として「クラッシュ率(影響DAU数/DAU)」を導入いたします。また、クラッシュ率の品質参考値として、SmartBeatの保有する「クラッシュ率の業界平均値」を合わせてご提供いたします。「クラッシュ率の業界平均値」につきましては、アプリのカテゴリ(ゲーム/非ゲーム)、アプリのステータス(Production/Development)の設定に応じて、条件に合致するアプリの業界平均値を表示致します。業界平均と自社アプリの数値を比較して頂く事で、自社のアプリの品質をこれまで以上に正確に把握して頂けると考えております。

  • Topページ(アプリ一覧)における表示項目の変更

    先述のSBスコアの廃止、新指標(クラッシュ率)のご提供にともない、Topページ(アプリ一覧)における表示項目も一部変更致しました。具体的には、平均SBスコアの項目を廃止し、替わりに平均クラッシュ率を表示しております。

  • エラー(例外とクラッシュ) → クラッシュへ統一

    これまで分析画面では、アプリ品質レベルを測るための指標として「エラー」(例外とクラッシュ)発生数を利用してきましたが、今後はユーザへ直接影響を与える「クラッシュ」発生数を利用するように変更致しました。この変更に伴い、各項目の文言も明確に「エラー」から「クラッシュ」へと変更しております。

  • シェア推移のご提供

    アプリバージョン、OSバージョン、デバイスに関して、これまで期間内の合計のシェアの情報をご提供しておりましたが、今回、シェアの推移の情報を表示を追加致しました。時系列でシェアの推移を把握して頂けるようになります。

  • グラフの表示項目および表示形式の最適化

    これまで分析画面において提供して参りました、セッションおよび相関関係のグラフを廃止し、クラッシュ影響ユーザのグラフを追加致しました。なお、これまで相関関係のグラフでご覧頂いていた「アプリバージョン毎のDAU」、「アプリバージョン毎のクラッシュ数」につきましては、先述の「シェア推移のご提供」にも記載がございます、アプリバージョンの項目における使用ランキング、クラッシュランキングのシェア推移のグラフで代用頂けると考えております。
    また、分析画面における各グラフの表示形式を、それぞれの項目に最適な形式に変更致しました。これらの変更により、従来以上に、アプリの状況を視覚的に把握して頂きやすくなったと考えております。

SmartBeat開発チームでは、皆様のアプリの品質改善に貢献できるよう、引き続き機能追加、改善を実施してまいります。
今後とも、SmartBeatをよろしくお願い致します!

オーディエンス機能リリースのお知らせ

この度、アプリケーション利用ユーザの属性(性別と年齢)の分布を把握できるオーディエンス機能をリリースしましたので、お知らせをいたします。

  • オーディエンス機能
    アプリケーション利用中のユーザの属性(性別と年齢)の分布を把握できるオーディエンス機能をリリースしました。これにより、指定期間の平均および時系列推移でユーザ属性の分布をご確認いただけます。

audience_screenshot_20160418-1

【画面イメージ】

audience_screenshot_20160418-2

SmartBeat開発チームでは、皆様のアプリの品質改善に貢献できるよう、引き続き機能追加、改善を実施してまいります。
今後とも、SmartBeatをよろしくお願い致します!

SDKおよび新機能アップデートのお知らせ

この度以下の内容で、iOS SDKとAndroid SDKのアップデート、および機能アップデートを実施致しましたので、お知らせ致します。SDKアップデートの詳細は、リリースノートをご確認ください。

  • iOS SDK1.19リリース
    • OpenGL画面キャプチャの端末ホワイトリスト追加
    • Apple A8X以降のプロセッサで32bitのみのアプリケーションが正常に動作しない問題への対応
      (リリースアプリの場合は、64bit必須のため、リリースアプリへは影響はありません)
  • Android SDK1.13リリース
    • 64bit ARMプロセッサのNDKクラッシュサポート
    • OpenGL画面キャプチャの端末ホワイトリスト更新
  • 分析画面のデバイスランキングの表示件数拡張
    • ランキングの表示件数を最大20件としました。
    • 追加表示件数がある場合、「More」ボタンが表示されます。

deviceranking

  • アプリ一覧へのフィルタ追加
    • アプリ一覧画面のフィルタに、OSの種別(Android/iOS)を追加しました。

osfilter

今後とも、SmartBeatをよろしくお願い致します!

セミナー開催報告<2月5日(金)18:00~20:30>

ブログ用画像frosk_seminar_yoshii3

先週2月5日(金)、FROSK株式会社は、株式会社UNCOVER TRUTH との共催セミナー 『事例で学ぶ「声なき声を可視化する」データ活用セミナー』を開催いたしました。

はじめに、FROSK株式会社の吉井より、SmartBeat導入アプリのデータから見る「高品質」なアプリの運用/改善の特徴をご紹介するとともに、SmartBeatの具体的な活用事例をお話いたしました。

また、ネイティブアプリ向けヒートマップツール「USERDIVE for Apps」を提供する株式会社UNCOVER TRUTH からは、CAOを務める小川 卓(おがわ たく)氏より、スマートフォンならではのUI/UXの改善ポイント、実際に小川氏が携わったプロジェクトで特に大きな改善効果が見られた事例についてお話いただきました。今日からでもすぐに役立てられる非常に実用的な内容に、参加者のみなさまも熱心にメモをとりながら聞いていらっしゃいました。

最後には、株式会社UNCOVER TRUTH のCOOである小畑 陽一(おばた よういち)氏をモデレーターに、小川氏とFROSK株式会社 代表取締役の中尾がパネラーとなり、パネルディスカッションを行いました。ここでは、参加者のみなさまから今まさに直面しているアプリ運用の課題が話され、小川氏と中尾がこれまでの豊富な経験をもとに回答するといった場面もあり、予定時間をオーバーする盛り上がりとなりました。

セミナー終了後には軽食をとりながらの交流会ももち、短い時間ながらも、講演やパネルディスカッションの内容についてさらに深くお話する機会もつくることができました。ご参加いただいたみなさま、お忙しい中お越しいただきありがとうございました!

FROSK株式会社では、今後さらにテーマを進化させながら、積極的にセミナーを開催してまいります。引き続き、FROSK株式会社をよろしくお願いいたします。