月別アーカイブ: 2020年3月

アプリクラッシュ調査レポート2019年下半期

FROSK株式会社(以下、FROSK)では、多くのアプリ開発者がよいスマートフォンアプリを作るため、スマートフォンアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツール「SmartBeat」の提供や、情報収集を行なっています。
SmartBeat
https://smrtbeat.com/
この度、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリクラッシュ調査レポート2019年下半期」を実施しました。

FROSKでの今回のアンケート調査は、スマートフォンアプリが落ちる現象(クラッシュ、アプリが強制終了してホーム画面に戻ってしまう現象)だけに留まらず、
アプリの利用頻度や、アプリのジャンル別の傾向、地域や年代などの傾向も合わせて調査をしています。


今回の調査結果の要旨としては以下になります。

1. 10代、20代のくそアプリ認定要因、1位は「強制終了したり固まる」
2. 複数回アプリが落ちたら「もう使わない」人のうち、約6割が4回以下のクラッシュで離脱
3. 落ちたらもう使わないアプリジャンルランキング、1位はゲームアプリ

1. 10代、20代のくそアプリ認定要因、1位は「強制終了したり固まる」

1) くそアプリ認定要因
「なにがあると、特にひどいアプリ(いわゆる「くそアプリ」)だと思いますか?」という質問に対して、上位3つの理由を聞きました。
10代、20代では、1位の理由として「強制終了したり固まる」であると回答した割合が平均で約25%となりました。

同じ質問は2018年上半期、2018年下半期でも実施していますが、これまで3回の調査の中で過去最高の数値となりました。

2) 「強制終了したり固まる」という回答の内訳(若年層×性別)
1)の「強制終了したり固まる」を、年代、性別で分けてみます。
特にスマートフォンに馴染み、スマートフォンネイティブの世代も多い10代、20代では強制終了やハングアップに対して厳しく、
中でも15歳~19歳の女性では32.6%と飛び抜けて、品質に厳しい結果となっています。

2. 複数回アプリが落ちたら「もう使わない」人のうち、約6割が4回以下のクラッシュで離脱

「同じアプリが複数回落ちた際、その直後どうしますか?」という質問に対して「もう使わない」と回答した人のうち、
「同じアプリが使うたびに落ちて、使わなくなることがあるとしたら、何回落ちた場合ですか?」という質問をしたところ、
4回以下の回答を選択した人は、約6割となりました。

アプリジャンル別に見ると、
「LINE・メール・SNS」では70%を超える人が、
最も低い「ファイナンス」でも約57%の人が、
4回以下のクラッシュでアプリを使わなくなると回答しており、
高い品質のアプリが求められていることがわかります。

3. 落ちたらもう使わないアプリジャンルランキング、1位はゲームアプリ

「アプリが落ちた際、その直後どうしますか?」という質問に対して、
クラッシュ経験者の中で「もう使わない」を選択された率がもっとも高かったアプリジャンルは「ゲーム」となりました。

過去の結果を見ると、「ファイナンス」が2018年上半期1位、
2018年下半期2位、前回の2019年上半期も1位と上位をキープしていましたが、今回は6位まで後退しました。
代わりに、これまで上位になかった「ゲーム」が13.1%で1位になりました。

LINE・メール・SNSLINE・メール・SNS(Facebook、Instagram、Twitterなど)ニュース、天気、雑誌などニュース、天気、雑誌などQRコード決済(楽天ペイ、PayPay、LINE Payなど)QRコード決済(楽天ペイ、PayPay、LINE Payなど)
ファイナンス(FX、ネットバンクなど)ファイナンス(FX、ネットバンクなど)エンターテインメント(動画、音楽、電子書籍、占いなど)エンターテインメント(動画、音楽、電子書籍、占いなど)ゲームゲーム
ライフスタイル(飲食店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラックストア、アパレル(衣服)、家電量販店など)ライフスタイル(飲食店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラックストア、アパレル(衣服)、家電量販店など)レジャー・スポーツ(旅行、マイル管理、ランニング、ゴルフ、競馬など)レジャー・スポーツ(旅行、マイル管理、ランニング、ゴルフ、競馬など)ショッピング(Amazon、楽天、メルカリなど)ショッピング(Amazon、楽天、メルカリなど)
ツール(カメラ、写真編集・管理、路線検索、地図、ヘルスケア、カレンダー、辞書、カスタマイズなど)ツール(カメラ、写真編集・管理、路線検索、地図、ヘルスケア、カレンダー、辞書、カスタマイズなど)すべてのジャンルすべてのジャンル(一括ダウンロード)

またアプリ開発やマーケティング担当の方々に向けては、セミナーを開催しています。
セミナー参加の方へは、さらに詳細なレポートを配布する回もありますので、ぜひふるってご参加ください。
https://smrtbeat.com/url/prptx

■調査概要
調査主体:FROSK株式会社
調査時期:2019/12/02〜2019/12/09
調査対象:10歳~69歳の男女728名
調査方法:インターネットリサーチでのアンケート調査
※本調査は、集計の際に性・年代別のばらつきを補正するため、サンプルに重みづけを行っています(ウェイトバック集計)

■SmartBeat
https://smrtbeat.com/
スマートフォンアプリのクラッシュ/エラーの検知と解析を行うツールです。
現在、導入アプリ2,500以上、月間アクティブユーザー数2億人以上、1日あたりのエラー検出数3,000万件以上の実績があります。
リリース前のテスト/デバッグ、リリース後に継続的に発生する品質問題への対応を効率化します。

■FROSK株式会社 概要
社名:  FROSK株式会社
https://frosk.co.jp/
所在地:  東京都千代田区紀尾井町1-3東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー
設立:  2012 年 8 月 31 日
事業内容: ソフトウェア企画・開発・運営