★5のアプリをつくる!

ユーザー満足度を高めるためのクラッシュ検知・解析ツールSmartBeat

課題を解決できる方法がないか模索していた時、
SmartBeatに出会い「コレだ!」と導入に向けて動き出しました

株式会社スクウェア・エニックス 鈴木寿尚 様

レビューに「落ちる」と書かれることをゼロにします!

アプリクラッシュを逃さず検知!

ユーザーの環境では、GooglePlayコンソールに表示されている10倍以上のクラッシュが発生しています。
SmartBeatでは、実際のユーザーの環境で発生したすべてのクラッシュ/エラーをリアルタイムに検知・解析できます。

    クラッシュが発生する直前のユーザーの画面キャプチャで確認できます。
    クラッシュ発生回数が事前に設定した回数を超えた場合、メール, slack,
    Webhookで自動通知されます。
    iOS, Adnroid, Unity, Cocos2d-x, Webなどマルチプラットフォームに
    対応しています。

今なら14日間、無料で全機能がご利用いただけます

SmartBeatの機能

画面キャプチャ機能

クラッシュが発生する直前のユーザーの画面キャプチャを確認することができます。クラッシュ発生時、何が起こっていたのかを知ることができるため、再現が容易になります。

マルチプラットフォーム

様々なアプリでお使いいただけます。 iOS、Android、ゲームエンジンUnity(C#, JS)、Cocos2d-x(C++, JS)、WebアプリのJSなど様々なプラットフォームに対応しております。

カスタマーサポートに活用

クラッシュ情報にユーザーIDや画面遷移情報などを付与して、ユーザーからの問い合わせに活用できます。
また、クラッシュが発生するまでのユーザーの動作を再現できます。

お知らせ機能

クラッシュ発生回数が一定回数を超えた場合、メール、slack、Webhookで自動で通知されます。 発生したクラッシュに迅速に対応することができます。

対応状況の管理

クラッシュ情報にタグやコメントを付与できます。
エラーの優先順位付けや発見者が状況説明などを付与し、クラッシュの対応状況の情報共有や優先順位付けに活用できます。

重要指標の可視化

アプリの品質にとって重要なデータや指標を見やすく可視化します。 クラッシュの影響を受けたユーザー数とその離脱率相関、クラッシュの多いOSバージョン、デバイスなどを表示します。

今なら14日間、無料で全機能がご利用いただけます

FAQ

SmartBeatを無料で利用してみたい
「トライアル申し込み」からお申し込みいただきますと、14日間全ての機能を
無料でご利用いただけます。
SmartBeatのことをもっと知りたい
SmartBeatについての資料請求・お問い合わせを承ります。
「資料請求・お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
追って担当者から詳しいご説明を差し上げます。
導入はどのぐらいの時間がかかりますか?
無料トライアルお申し込み後、
1営業日以内に専用アカウントを発行いたします。導入作業は10分程度で完了します。

今なら14日間、無料で全機能がご利用いただけます